カテキン お茶 効果 効能 副作用

カテキン(お茶)の効果や効能、成分や副作用について徹底解説

お茶とカテキン

 

このページでは、口臭ケアサプリ、ブレッシュ(Breash)において欠かせない重要な成分であるカテキン(お茶)について解説します。

 

カテキンそのものは、よく聞く成分名ですね。

 

そう、お茶で有名ですよね。

 

つまり、お茶にカテキンが含まれているということで知っている人も多いのではないでしょうか?

 

でも、あなたは具体的にカテキン(お茶)にどのような効果や効能があるか、知っていますか?

 

このページで、詳しくカテキン(お茶)の効果や効能、成分の特徴や副作用の危険性について解説します。

 

これを読めば、あなたも今すぐにでもブレッシュ(Breash)を舐めたくなること間違いなしです。

 

カテキン(お茶)とは?

疑問を持つ女性3

 

まずは、改めて確認しておきましょう。

 

カテキン(お茶)とはなんでしょうか?

 

カテキンは緑茶や紅茶の渋み成分です。

 

もう少し詳しく解説すると、茶葉に含まれることで知られている、水溶性のポリフェノール、フラバノンの一種です。

 

カテキンは緑茶葉の乾燥重量の10〜20%を占めると言われています。

 

厳密には、緑茶の中に含まれるカテキンの量は茶葉を生育している最中の日照時間によって比例するそうです。

 

カテキン(お茶)は強い抗酸化力を持つことが有名です。

 

カテキン(お茶)の効果・効能は?

口臭を気にする女性3

 

次に、カテキン(お茶)の効果、効能について解説します。

 

カテキン(お茶)は実に様々な効果や効能を有しているのですが、今回は、ブレッシュ(Breash)の解説ページなので、ブレッシュ(Breash)に関連した内容に絞って解説します。

 

虫歯予防・口臭予防効果

カテキン(お茶)には虫歯予防・口臭予防効果があります。

 

これは、茶カテキンの中に強い抗酸化力があるためで、緑茶でうがいをすると、虫歯や口臭の予防になったり、お茶で手を洗うと細菌が除去されるのもその抗酸化力のためであると考えられています。

 

その他の効果

また、今回の趣旨とは異なりますが、カテキン(お茶)は以下のような効果も期待できます。

 

  • 発ガン抑制
  • 動脈硬化予防
  • 脂肪代謝異常の改善
  • 血圧上昇の抑制
  • 血栓予防
  • 抗糖尿病
  • 抗アレルギー
  • 高ウィルス
  • 抗菌
  • 腸内細菌叢(そう)正常化
  • 胃潰瘍の原因であるピロリ菌を減らす作用

 

そう考えると、カテキン(お茶)の高い効能に感謝すらしたくなりますね。

 

カテキン(お茶)の副作用は?

心配する女性3

 

カテキン(お茶)の副作用ですが、ほとんど副作用の心配はありません。

 

お茶を飲んでいて、副作用の報告がほとんどないのと同じですね。

 

ただし、カテキン(お茶)に含まれるカフェインによって、神経興奮作用、利尿作用などの症状が起こる可能性があるので要注意です。

 

カテキン(お茶)のまとめ

OKサインをする女性3

 

いかがでしたか?

 

ブレッシュ(Breash)にカテキン(お茶)の成分が含まれる理由がおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

カテキン(お茶)がいかに、口臭や虫歯予防だけでなくて、私達の身体の健康には欠かせない成分であるということがわかりますね。

 

改めて、カテキン(お茶)の成分についてまとめます。

 

  • カテキンは緑茶の渋み成分
  • 抗酸化作用により虫歯・口臭予防効果が期待できる
  • 適量の摂取であれば副作用の危険性はほとんどない

 

これらのことがわかりました。

 

ブレッシュ(Breash)でしっかり口臭対策できる裏にはカテキン(お茶)の働きがあったんですね!

 

ブレッシュ(Breash)の詳細についてはこちらのトップページで解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

【効果なし?】ブレッシュ(Breash)の口コミ!口臭ケアできる?