難消化性デキストリン 効果 特徴 副作用

難消化性デキストリンとは?効果や特徴、副作用の危険性などについて解説

とうもろこし

 

このページでは、ブレッシュ(Breash)に含まれる重要な成分のうちのひとつ、難消化性デキストリンについて解説します。

 

果たして、難消化性デキストリンは、口臭除去においてどのような効果をもたらしてくれて、どんな副作用の危険性があるのでしょうか?

 

その特徴を徹底解析してみました。

 

難消化性デキストリンとは?

疑問を抱く女性

 

なんだか難しそうな名前ですよね(笑)

 

この難消化性デキストリン。

 

実は、トクホでも使われているような効果的な成分なんですよ。

 

デンプンの加水分解物(かすいぶんかいぶつ)にデキストリンという物質が存在します。

 

そのデキストリンを酵素で分解して、難消化性部分を分離精製した低分子の水溶性食物繊維が難消化性デキストリンです。

 

もっとシンプルにいうと、トウモロコシでんぷんから作られる水溶性の食物繊維です。

 

難消化性デキストリンの効果は?

お腹を触る女性2

 

難消化性デキストリンの効果はいくつかあるのですが、今回はブレッシュ(Breash)に関連して口臭除去の効果に着目して解説します。

 

整腸作用

シンプルに言うと、難消化性デキストリンは整腸作用が期待できます。

 

つまり、お腹のなかの老廃物などを綺麗に排出しれくれる作用に優れているというわけです。

 

口臭の原因のひとつに、「体内環境の乱れ」というのがあります。

 

暴飲暴食や、飲酒などで胃や腸の環境が乱れていると、それが口臭となって現れてきます。

 

つまり、口臭をなくしたいと思うなら、腸内環境を整えることも非常に重要な要素となるわけです。

 

ブレッシュ(Breash)は、難消化性デキストリンを配合することで腸内環境まで整えてくれる。

 

なんともありがたい、口臭除去サプリなんですね。

 

ちなみに、難消化性デキストリンを配合した飲料やデザートなどは「おなかの調子を整える」という、トクホ(特定保健用食品)の表示許可を得ています。

 

難消化性デキストリンの副作用は?

心配する女性2

 

難消化性デキストリンの副作用の危険性について解説します。

 

結論から言うと、適量の摂取であれば副作用のリスクはほとんどありません。

 

ただし、過剰に難消化性デキストリンを摂取すると、逆に何らかの副作用を起こしかねないので、いくらお腹の調子を整えたいからと言って、難消化性デキストリンの過剰摂取には十分注意を払いましょう。

 

難消化性デキストリンとは?まとめ

OKサインをする女性2

 

ここまで、ブレッシュ(Breash)に含まれる難消化性デキストリンについてまとめてきました。

 

ブレッシュ(Breash)において、ブレッシュ(Breash)がいかに欠かせない成分であるか、おわかりいただけたのではないでしょうか。

 

簡単にまとめると

 

  • 難消化性デキストリンはトウモロコシでんぷんから作られる水溶性食物繊維
  • 整腸作用が期待できる
  • 適量の摂取であれば副作用のリスクは少ない

 

これらのことがわかりました。

 

こうした、難消化性デキストリンの働きを考えると、ますますブレッシュ(Breash)に高い期待を持ちたくなりますね!

 

つまり、この難消化性デキストリンが含まれているからブレッシュ(Breash)は高い口臭ケア効果を発揮してくれるんです。

 

ブレッシュ(Breash)の詳細は当サイトのトップページで解説しているのでぜひ参考にしてください。

 

【効果なし?】ブレッシュ(Breash)の口コミ!口臭ケアできる?